わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

DRY/原田 ひ香【レビュー】

★★★★

最近注目している原田ひ香さん。

本作も凄い。

タイトルのDRYが意味するものは離婚して実家に戻った主人公、北沢藍の乾ききった心情を表現しているのだろうと思い読み進めて行くと中盤以降には別のDRYが出現する。

前半のクールな印象から一転。
一気にホラーを思わせるおぞましい展開に驚愕し、薄目で文字を追う事になる。

藍と母、祖母、家族でありながら他人の様な薄い関係、隣に住む40歳の馬場美代子の寂しさと混然一体となった狂気。

皆、自分が生き抜く事に必死な人々だ。

どんどん堕ちていく女たち。

『どこへ行っても修羅だ』の一言が胸に迫る。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)