わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

パラレルワールド/小林 泰三【レビュー】

★★★★

パラレルワールド、並行する2つの世界を舞台にした不思議で温かい家族小説だと思い読み進めて行くと2部で待ち受けるスリリングな展開に目が離せなくなります。

物語前半は先に起こったばかりの豪雨災害を思い出し辛い場面が続きます。
父が死に、母も死に一人生き残ったヒロ君。
と思ったのもつかの間、父母、それぞれがそれぞれの世界でヒロ君と共に生きている。この設定も面白く惹きつけられました。

2部以降は家族の話から一転、スリルとサスペンス、終盤ではホラー要素もあり矢倉の最後にゾクゾクさせられました。

フィクションならではの世界観を堪能出来る作品。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)