わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

毒殺協奏曲/アミの会(仮)【レビュー】

★★★

アミの会(仮)の二冊目となるアンソソジーです。

一冊目は「捨てる」を題材にした9つの短編が収録されていて、表紙もネイビーに9つの花がデザインされた物でしたが、今回はガラッと趣が異なりテーマーは「毒殺」
表紙も血を連想させる荒々しいイメージになっています。

前回の「捨てる」を読ませて頂いて勝手な思い込みでアミの会(仮)=女性作家の会だと思っていましたが、今回は有栖川有栖さん、小林泰三さんの男性作家二人の作品もありました。

毎回あとがきから読むのですが、持ち回りのあとがきは今回は新津さんが執筆されていました。

良く読んでいる新津さん、松村さんの作品はやはり面白く、又普段あまり手にしない作家さんの作品にも触れる事が出来てこのシリーズは楽しみにしています。

全て描き下ろし作品と言うのも嬉しいのですが、前回の「捨てる」が全体的に面白かったのに比較すると今回のアンソロジーは短編ならではのキレがなく少し物足りなさが残りました。

次回を期待して待ちたいと思います。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)