わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ライフ/小野寺 史宜【レビュー】

★★★★

「袖振り合うも多生の縁」の諺が頭の中にずっとよぎっていた。

主人公は27歳の井川幹太。
大学を卒業し就職するも退職。
今はコンビニのバイトをしながら自由気ままな一人暮らしをしている。

幹太のキャラがとても良い。

飄々としているようで、人に対しての思慮深さがあり、物事を冷静に判断出来る。

上の階に住む戸田家の騒音に悩まされていた幹太だが、ある出来事をきっかけに親しくなり自身の心と生活に変化が生じて行く。

戸田家の子供達の会話がとてもチャーミングで癒される。

誰かと出会う事で人生が変わる事もある。読後は心地良さで満たされた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)