わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ぞぞのむこ/井上 宮【レビュー】

★★★

「ぞぞのむこ」「じょっぷに」「だあめんかべる」「くれのに」「ざむざのいえ」
5話収録の連作短編集です。

井上宮(いのうえ・きゅう)さんのデビュー作となる本著は、この意味不明なタイトルからして不気味感を醸し出しています。

謎の町・漠市の存在がとても恐ろしい。
ここへ足を踏み入れたが最後…。

全篇に登場する矢崎の正体も謎なら起こる出来事も謎だらけ。
文中からは絶えずざらついた気持ち悪さと居心地の悪さを感じます。

どちらかと言えば心理的ホラーの方が好みなので、この気持ち悪さは苦手な部類ですが、ヒンヤリしたい方にはオススメです。

最後まで読んでから再び最初のページを読むとゾクゾク感が増しました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)