わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

夏物語/川上 未映子【レビュー】

★★★★★

今まで命の誕生は奇跡であり、喜ばしい事だと信じきっていた。

AID(精子提供)によって生まれ、自分のルーツが解らない人達の苦しみなど知るよしもなかった。

543ページの長編だが、文中からは著者のメッセージが感じとられ、一字一句、嚙みしめながらの読書となった。

精子提供を望み、妊娠・出産を目指す夏子と、AIDで暴力的に誕生させられたと話す善百合子を対比する事で『生まれること』の意味や意義を考えさせられる。

そこには自分の想像を遥かに超える苦悩が存在していた。

それでも生まれて良かったと思える時が来る事を心から願う。

傑作。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)