わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

夫が邪魔/新津 きよみ【レビュー】

★★★

「夫が邪魔」「マタニティ・メニュー」「二十五時の箱」「左手の記憶」
「捕えられた声」「永遠に恋敵」「殺意が見える女」
7話収録の短編集。

タイトルに惹かれ手に取るも1998年に徳間文庫から刊行された『殺意が見える女』の改題版で読了済みでした。

20年以上前の作品なので小道具が家電やカセットテープ、ワープロだったりして古さは感じるがストーリー的に影響はない。

未読の方であれば女性の内に秘めた黒い感情にドキドキしながら読めるはず。

オススメはその後が気になる「マタニティ・メニュー」

次回は令和版「夫が邪魔」を読んでみたい。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)