わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ランチ酒 おかわり日和/原田 ひ香【レビュー】

★★★

2017年に発売された「ランチ酒」に続く第二弾で、10話収録の連作短編集。

主人公は夜から朝までひたすら人やものを見守る<見守り屋>の犬森祥子。

今回も焼き鳥丼・角煮丼・スパゲッティーグラタン・ハンバーグ・寿司・焼き小龍包・水炊きそば・ミルクセーキ・サンドイッチ・焼き肉・からあげ丼・豚骨ラーメン等、美味しそうな料理の数々が人間ドラマと共に描かれている。

料理の場面がメインだが、離婚後、一人娘と別に暮らす祥子の葛藤や、ネットに過去の彼氏との写真を流失された女子大生の問題なども盛り込まれ時に切なくなりながら読了。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)