わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

鈴木家の嘘/野尻 克己【レビュー】

★★★★

テレビドラマ『きのう何食べた?』の監督を務めた野尻克己さんの小説デビュー作。
実の兄を自死で亡くした著者の実体験を元に描かれている。

三年間、引き籠っていた鈴木家の長男・浩一がある日突然自室で自殺する。

鈴木家の父・幸男、母・悠子、妹・富美、物語は3人の視点で交互に語られる。

非常にショッキングなテーマでありながら、所々に「嘘」を交えユーモアさえ感じられる。
残された遺族の「何故?」考えても答えなど出ない空しさ。
家族の葛藤と自罰感情が伝わる。

生きる事は簡単ではない。
それでも死を選ばずに生きていて欲しいと心から願う。

※298頁6行目 ×どこにるの ○どこにいるの




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)