わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

もう、聞こえない/誉田 哲也【レビュー】

★★★

不気味な装丁、タイトルや内容紹介から重厚なホラーミステリーを想像していた。

「声が、聞こえるんです。女の人の声が。」
傷害致死容疑で取り調べ中の被疑者・中西雪実が発した意味深の言葉にゾクリとする。

帯には『衝撃のミステリー』の文字が。

緊張しながら読み進めて行くと第三章で登場するまさかの『福沢さん』
ん?衝撃と言うより笑劇のミステリー。

そこからは一気にトーンが変わり、雪実と声の主・真由とのやり取りも、深刻さより面白さが勝ちファンタジックコメディの様。

事件の真相には意外性も感じたが本格ミステリーを期待してはいけない。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)