わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

風よ あらしよ/村山 由佳【レビュー】

★★★★★

凄まじいの一言に尽きる。
史実を元にしたフィクション、651頁の長編だが文中から溢れ出る熱量は凄まじいものがあった。

明治・大正を駆け抜けた婦人解放運動家・伊藤野枝。
28歳という若さで殺害されるまでの彼女の濃密な生涯に圧倒される。

伊藤野枝と大杉栄、次々と二人に襲いかかる試練。
たった100年前の事だというのに、この時代の抑圧された社会と理不尽さにハラワタが煮えくり返る。

なんの権利があってここまで人を追い詰め弾圧するのか、悔しさと怒りで泣ける。
決して服従せず、自分の信念に基づいて行動する野枝に強く惹かれた。

傑作。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)