わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

木曜日にはココアを/青山 美智子【レビュー】

★★★

初読みの作家さん。

ミニチュアアーティスト、田中達也さんが手がけた装丁が凄く可愛い。
特に裏表紙からはこの小説のメインテーマが伝わって来てとても和む。

主人公「僕」が働く喫茶店には木曜日に同じ席でココアを頼み、手紙を書く女性がいる。
その女性を「ココアさん」と密かに呼ぶ僕。
「マーブル・カフェ」から繰り広げられて行く12の優しい物語。

それぞれの物語がリンクし合って連作短編ですが1つの長編の様な感覚。

私の働いていた幼稚園にも中々厳しい先生がいた事を思い出した。
現実はそれ程甘くないけどココアを飲んで優しさを補充しよう。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)