わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

犬も食わない/尾崎 世界観【レビュー】

★★★

同棲中のカップル、福と大輔。

千早茜さんが描くめんどくさい女、福と尾崎世界観さんが描くだめな男、大輔。
それぞれの視点で交互に描かれて行く共作恋愛小説。

福に対しては優柔不断な面はあれども、めんどくさい女性だとは思わなかった。

一緒に暮らしている同居人に対して積り積もって行く不満は大いに共感出来るし、思いきり毒が吐ける事には羨ましささえ感じた。
結婚しているわけでもないんだし、私だったらとっくに別れる選択をするだろう。

同棲中であっても夫婦であっても、互いを分かり合える関係性になるのは不可能。
犬も食わないリアルな物語。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)