わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

かなたの子/角田 光代【レビュー】

★★★★

1 おみちゆき 2 同窓会 3 闇の梯子 4 道理

5 前世 6 わたしとわたしではない女 7 かなたの子 8 巡る

の8篇が収録された短編集

今までの作品とは全く雰囲気が異なり、なにげない日常の隙間に口を開けている闇。
そしてそれを偶然、覗いてしまった人々のとまどいと恐怖が描かれています。

読んでいて寒々しい気分になって行きますが、面白く、途中で本を閉じれなくなります。

角田さんは長編のイメージでしたが、この短編集はかなり読み応えがありました。

次の作品も待ち遠しいです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)