わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

灼熱/秋吉 理香子【レビュー】

★★★

秋吉理香子さん、相変わらずのリーダビリティの高さで一気読み。

主人公は夫の忠時を転落死で亡くした咲花子。

夫の死は事故なのか他殺なのか!?

夫殺しの容疑者として逮捕されたが不起訴になり釈放された久保河内英雄に復讐する為、顔と名前を変え憎むべき男の妻になった咲花子。

復讐物や勧善懲悪物は大好物なのでドキドキしながら読み進める事が出来た。
特に終盤の展開は緊張感が半端ない。

前半の伏線で想像出来ていたが最後まで飽きさせずに読ませる術は流石。

特に捻りがない点は物足りなさも残るが面白かった。

昔、放送された火サスを彷彿させる。

※P63 11行目 
×三歳くらい女の子 ○三歳くらいの女の子




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)