わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

いつかの岸辺に跳ねていく/加納 朋子【レビュー】

★★★★★

なんて気持ちの良い読後感。

「フラット」「レリーフ」の2話で構成されており、1話は男性主人公の護、2話では女性主人公の徹子の目線で描かれている。

前半は淡々とした描写が続き、若干の物足りなさを感じていると、後半でいきなり裏切られる。

全ては後半の為の伏線で、丁寧で潔い回収が心地いい。

特殊な能力を持ち、母親からは疎まれ、生きることに不器用だった徹子が、護や出逢った人達の中で助け、助けられて前を向いて生きていく姿に感動し、ラスト7ページでは涙が込み上げて来る。

負の連鎖、毒親問題を絡めながらも読後は温かさに包まれる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)