わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

レフトハンド・ブラザーフッド/知念 実希人【レビュー】

★★★

双子の高校生の兄弟、海斗と岳士の青春ストーリー。

ある事故がきっかけで兄・海斗が亡くなってしまう。
それ以来、岳士の左手からは死んだはずの兄・海斗の声が聞こえるようになる。

フィクション感満載の内容に中々のめり込む事が出来なかった。

二人が殺人事件に巻き込まれ、容疑者として追われるその過程で怪しいドラッグ「サファイヤ」、謎めいた彩夏と出会い物語が展開して行く。

内容紹介に青春小説とあるが中々際どいシーンも登場する。

途中で大方の筋書きが読め、結末も予想通りだったので何らかの意外性が欲しかった。

面白いと思えないまま読了。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)