わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ガラスの城壁/神永 学【レビュー】

★★★

神永 学さん、初読み。

父が逮捕された事で、学校でイジメに合うようになった中学2年生の悠馬が主人公。

父は冤罪だったが精神的に追い詰められ自殺する。

無罪が明らかになってもイジメは終わらない。

その状況を変えるべく、悠馬は転校生の暁斗と共に、父の事件の真相を探り始めて行く。

スクールカーストにゲーム、インターネット犯罪の裏側などを盛り込みながら推理小説の体で物語は進む。

文章は読みやすく、誰が味方で誰が敵かを想像しながらテンポ良く読めた。

事件云々より、主人公が少しづつ逞しくなって行く姿を繊細に描いた成長ストーリー。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)