わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

SCS ストーカー犯罪対策室 上/五十嵐 貴久【レビュー】

★★★★

五十嵐 貴久さんの上下巻で構成された長編小説です。

タイトルから難しそうなイメージを抱いていましたが第一話~第五話までの連作短編集となっており一話毎に事件が解決して行くのでサクサクと読み進める事が出来ました。

作品では様々なタイプのストーカーが描かれています。

又それと並行してストーカー犯罪対策室に勤務する主人公の白井有梨自身がストーカーされておりその謎のSの正体を推理しながら読めると言った二重に楽しめるエンタメ小説となっています。

上巻のラストに向かっては臨場感のあるハラハラ・ドキドキの展開が続きミステリーを超えたホラー要素も感じ恐ろしかったです。

そしてSの正体は解らぬまま下巻へ続きます。
結末が気になって下巻も楽しみです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)