わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

火のないところに煙は/芦沢 央【レビュー】

★★★★

「染み」「お祓いを頼む女」「妄言 」「助けてって言ったのに」 「誰かの怪異 」「禁忌」全6話収録の連作短編集

タイトルも意味深なら、装丁も表ならず裏表紙までぞくぞくする。

全体を通して淡々と不気味な感じで物語が展開して行き、嫌な感じが終始纏わりついて来る。

怖かったのは、第二話の「お祓いを頼む女」に登場する平田千恵美。
疑心暗鬼と思い込みから発する言葉と行動がイヤな感じを醸し出していてゾッとする。

第三話「妄言」引っ越した先の隣人、寿子のキャラクターも怖い。

目に見えない存在以上に生きている人間の怖さも感じ二重に恐怖を感じたホラーミステリー。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)