わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

リメンバー/五十嵐 貴久【レビュー】

★★★

『リカ』『リターン』『リバース』『リハーサル』に続くリカシリーズ第5弾。

本作も文中からリカの臭気が漂って来る様な不気味さに満ちていた。

舞台は帝光大学医学部精神科、精神鑑定を担当する立原正則教授の周りで次々と凄惨な殺人事件が起きる。

巻末の参考資料に記されている様に、今回は人間心理学についての描写が多く、やや説明的な形が見受けられたが、それを素直に読み進めて行くと自然とミスリードされて行き、ラストが近づくに連れまんまと騙されていた事に気付く。

最後まで読み終えるとタイトルの意味がストンと腑に落ちた。

リカは不滅。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)