わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

罪人の選択/貴志 祐介【レビュー】

★★

「夜の記憶」「呪文」「罪人の選択」「赤い雨」
4話収録の短編集。

初出はそれぞれ1987年、2009年、2012年、2015~2017年と古い物では33年前の作品。

『黒い家』が好きだったので期待して手に取るもミステリーは表題作の「罪人の選択」のみで、後の3篇はSF色が強く用語が全く頭に入って来なかった。

片方に猛毒が混入している一升瓶と缶詰を罪人に差出し、正解を当てさせる表題作の展開は多少ドキドキはするものの、あっさりとした読後感。

マガツ蠅、アカガネグモ、チミドロ等、気味の悪い虫や独特なSFの世界感にお手上げ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)