わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

イシイカナコが笑うなら/額賀 澪【レビュー】

★★★

高校の始業式当日に不登校の生徒を連れて颯爽と登場する31歳の菅野京平が主人公。

しかし菅野の本性は仮面ダメ教師だった。

かつての同級生の幽霊「イシイカナコ」に遭遇した事で菅野は高校生だった過去へ戻って人生をやり直そうとする。

タイムスリップ、他人の身体から身体への移動とフィクション感満載の作品だった。

イシイカナコの提案する「人生やり直し事業」に参加する事で自分の本当の気持ちに気付いて行く成長ストーリー。

タラレバを言いだせばキリがない。
やり直しがきかない人生だから後悔しない様に生きたい。

中高生に読んで貰いたい作品。

※P187 8行目 ×何だが ○何だか




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)