わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

わるもん/須賀 ケイ【レビュー】

★★★

第42回すばる文学賞受賞作品。

「箕島家」は硝子職人の父、 母、三人の娘、鏡子・祐子・純子の五人暮らし。

しかし工場で働く以外は縁側から動かず、家族を見ようとしない父はいつの間にか「箕島家」からとり除かれてしまう。

父がいなくなった途端、母に笑顔が増え、腰痛と肩こりが治り、心労が治まった。

物語は知的障害を持つ純子の目線で繰り広げられて行く。
純子の目に映る父や母の描写は独特だが、時に真理をついていてドキッとさせられる。

全体的に淡々と落ち着いた空気感の中で描かれたある家族の物語。

独特な雰囲気なので好みは分かれそう。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)