わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

私が食べた本/村田 沙耶香【レビュー】

★★★

様々な本を読んでもその作者さんの事が気になる機会はあまりない。

しかしほんの2冊読んだだけなのにも関わらず、村田沙耶香さんって一体どんな人なんだろう?とちょっと気になっていた。

本作には各紙誌に書いてきた書評と、自著にまつわるエッセイが収録されている。

村田さんの独特の感性で紡がれたレビューは中々新鮮で面白い。
個人的には藤野千夜さんの「少女怪談」のレビューで著者が特に印象に残ったと書いている『みどりとノエ』の事が気になってしょうがない!

全部読み終えると村田沙耶香さんの身体は本で出来ているんだなとしみじみと感じた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)