わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

珠玉/彩瀬 まる【レビュー】

★★

彩瀬さんの本作は、国民的歌姫だった美しい祖母、真砂リズに似ても似つかず、目立たぬように過ごしてきた歩(あゆむ)の成長物語。

容姿コンプレックスを持ち、仕事も最悪の状況に陥いる歩。

そんな時、売れないモデルのジョージと出会い、少しづつ流れが変化して行く。

物語のアクセントになっているのは天然黒蝶真珠のキシと樹脂パールのカリン。

キシ&カリンを擬人化し描く事で人として大切な事が伝わって来る。

本作も彩瀬さんの独特な世界感の中で紡がれていたが、登場人物に魅力を感じなかった事とファンタジーが苦手な事もあり嵌まれなかった。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)