わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

いい女、ふだんブッ散らかしており/阿川 佐和子【レビュー】

★★★

阿川 佐和子さんの最新エッセイ。
42編収録。

歯切れの良い言葉と軽快なテンポで、ともすれば暗くなりがちな話題も鬱々とせず読みやすい。

「さようならのあとに」
94歳でご逝去された阿川さんのお父様、悲しみに浸る間なんか全くなく諸々の手続きに追われる様子がコメディーの様で笑いがこぼれ、また参考になる面もある。

「神様と友達」
阿川さんの性格と似ている所を感じ共感、そして私も「なんかこの人と今、出会ったぞ」と思える瞬間が稀にあり深く頷く。

ああ、でも整理整頓と収納が趣味でブッ散らかす事が出来ない私はいい女じゃないな、残念!




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)