わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

たてがみを捨てたライオンたち/白岩 玄【レビュー】

★★★★

直樹、慎一、幸太郎、三人の男性の視点で順番に描かれて行く。

家事は得意だけど専業主夫にはなりたくない直樹
妻との気持ちのズレが原因でバツイチになり、自身の親も熟年離婚をする事になった慎一
アイドルオタで男女の付き合い方に悩む幸太郎

私自身の経験に当てはまる事もあり、共感しながら読む事が出来た。

夫婦関係を上手く保たせるには相手を尊重するとか思い遣る事なんかじゃなく、自分の考えは間違ってるかも知れないと疑いを持つ事!

まさにその通り。
そして男である前に人間であるべき。

プライドの象徴であるたてがみなんて刈ってしまえ!




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)