わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

希望の糸/東野 圭吾【レビュー】

★★★★★

自分が東野さんに求めている物をストレートに与えて貰えたような幸せな読後感。

加賀恭一郎シリーズでお馴染みの松宮刑事を主軸にした物語。

一つの殺人事件の裏側に隠されていた登場人物それぞれの人生が、松宮の生い立ちと重なり合い、見事としか表現出来ない巧みな構成になっている。

震災で二人の子を亡くし、不妊治療の末、子が授かるも幸せとは言い切れない未来が待っている。

物語の根底にあるのは家族愛だが、それと共に悲しみも付いて回り胸が切なくなる。

縁あって人は繋がる。
その繋いでくれた糸が希望に向かうものである事を願いながら読了。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)