わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

地球星人/村田 沙耶香【レビュー】

★★★

先日、村田 沙耶香さんのチャーミングなエッセイ「となりの脳世界」を読み終わり、ホンワカとしていた後に読んでしまったこの作品。

おぞましい性犯罪と何回読んでも言いにくいポハピピンポボピア星人、リアルとファンタジーの融合した作品だと思い読み進めて行くと終盤ではホラー全開。

あまりのグロテスクさに気持ち悪さを感じて薄目&遠目で読んでしまった。

社会に蔓延する常識や価値観に対し抵抗する奈月、奈月の夫の智臣、由宇の三人もクレージーだが地球星人の面々もみんな壊れていた。

注:本書は食事の前後には読まない事を強くオススメします。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)