わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

どうしても生きてる/朝井 リョウ【レビュー】

★★★★

「健やかな論理」「流転」「七分二十四秒めへ」「風が吹いたとて」「そんなの痛いに決まってる」「籤」
6話収録の短編集。

どの短編からも本音と建て前の『本音』部分が鋭さを持って伝わって来て落ち着かない。

人間が心の奥底に隠している仄暗い感情がリアルに迫り、自らが暴かれている様な錯覚に陥る。

日々の生活を無難に過ごす為に、目には見えない善悪だとか常識・非常識だとか、様々な社会のルールからはみ出さないように気を配る日常。

そして時に芽生える破壊的感情。

どこにでもいる人達の弱さを痛い程感じ、生きる事の難しさを改めて痛感した。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)