わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

緋色の残響/長岡 弘樹【レビュー】

★★★

「黒い遺品」「翳った水槽」「緋色の残響」「暗い聖域」「無色のサファイア」
5話収録の短編集。

強行犯係の刑事・羽角啓子と中学生の娘・菜月が身近で起きる事件を解決して行くミステリー。

施錠していない担任の部屋に無断で上がりこんだり、冤罪を信じて友人達と勝手に捜査してみたり、菜月の有りえない行動に首を傾げつつも、その素直で物怖じしないキャラと新鮮なトリックで軽快に読む事が出来た。

登場人物が少ない事もあり犯人の目星はすぐに付く。

重厚なミステリーを期待すると物足りないけれど、気軽にミステリーを楽しみたい方にはオススメ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)