わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

店長がバカすぎて/早見 和真【レビュー】

★★★

「店長がバカすぎて」「小説家がバカすぎて」「弊社の社長がバカすぎて」
「営業がバカすぎて」「神様がバカすぎて」「結局、私がバカすぎて」
6話収録の連作短編集。

主人公は、吉祥寺にある武蔵野書店で、契約社員として働く28歳の谷原京子。

本屋さんが舞台という事で、その裏側を垣間見れたり、書店員さんの本に対する愛情を感じたり、本好きには興味深い内容だった。

ミステリー要素は、ほんの少しで、ほぼコメディ。

店長のバカさ加減に呆れながらも、個性豊かな人々の日常の中に、共感出来る箇所や言葉があり、何度も頷いた。

軽快に読める1冊。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)