わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

そして、バトンは渡された/瀬尾 まいこ【レビュー】

★★★★★

なんとも幸せな読書時間でした。
こんなに読後感の良い作品は近年稀です。

終盤に向かってどんどん気持ちが揺さぶられ
込み上げて来る物がありました。

父親が三人、母親が二人いる優子ちゃん
でも親って言うのは血縁だけじゃなくて、相手を思い遣る無償の愛があれば
それ以上の絆が生まれる事もあるんじゃないかと思えます。

現実はこんなに良い人達ばかりじゃないだろうけど、この物語を読んでいる間
とても嬉しくて温かい気持ちになれて優子ちゃん以上に幸せを感じました。

森宮さん 大好きだ。
そしてこんな素敵な物語に出会わせてくれた瀬尾 まいこさん
もっともっと大好きになりました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)