わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

我らがパラダイス/林 真理子【レビュー】

★★★

林真理子さんの長編小説

今回は「介護」がテーマとあって興味深く読み進めて行きました。

親の介護より女を優先する息子、舅の行動に我慢が出来ず家を出た兄嫁
自分で見る決意はしたものの、行き詰まり、家を出た兄嫁に恨みを抱く娘など今回も癖のある登場人物が多かったですが丁寧な人物描写故、絶えず脳内映像で動いていました。

舞台となっているのは高級介護付きマンション「セブンスター・タウン」
そこで働いている3人の女性達は裕福な施設の入居者を見つつ、自分の親との格差を感じ、あらぬ行動に出てしまいます。

まさに犯罪行為とも言える悪巧みで、これはフィクションならではの展開だと思います。

そこまで精神的に追い詰められていた彼女たちに同情すべき点も多々ありましたが、いかんせん最後の最後の展開で急にドタバタ劇の様な雰囲気になってしまったのは残念でした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)