わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

わたしの良い子/寺地 はるな【レビュー】

★★★★

いつも温かな余韻を残してくれる寺地作品だが、本作もとても良かった。

沖縄で男の人と暮らすと言い残し、一人息子の朔を置いて出て行った妹の鈴菜。
姉の椿は二歳になったばかりの朔と二人で暮らす事になる。

勉強も苦手で内にこもる朔は幼稚園でも小学校でも上手くやれず、決して育てやすい子とは言えない。

主人公の椿の目を通して、世間で言われる「良い子」の意味を考えさせられる。

大人だって迷ったり失敗したりを繰り返す。

子どものうちから上手くやれなくたって大丈夫。
あなたを信じて理解してくれる人は必ず存在する。

一歩一歩ゆっくり進んで行けば良い。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)