わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

テティスの逆鱗/唯川 恵【レビュー】

★★★★

欠かさず読んでいる唯川恵さんの長編小説です。

女優、OL、キャバクラ嬢、資産家令嬢、年齢も職業も異なる4人の女性達は様々な理由で美容整形外科に通います。

エスカレートするその「美」の追求は、ついには禁断の領域にまで達し「触れてはいけない何か」に近づいて行きます。

この4人の女性達、そして彼女達を作り上げて行く美容整形外科の女医、それぞれの人物描写がいつもの事ながら巧みで一気に読めます。

美を追求する為とは言え、あまりにもエゴイズムな欲望がリアルに描かれて行き、伏線から想像が付くものの、物語がラストに近づくに連れゾワリゾワリと恐ろしさが増して来ます。

接点がありそうでなさそうな4人の女性達がラストで一気に結びつくあたり作者の力量を感じます。

やっぱり唯川さんの作品は面白いです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)