わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ハッピーライフ/北大路 公子【レビュー】

★★

「均された世界」「穏やかな人々」「絵の中の女」「理想の街」
「本当の家族」「回収日」「墓」「灰色の雪」
8話収録の連作短編集。

全ページ数が109ページとかなり薄い小説なので1話1話は結構短い。

全話に共通しているのは『入れ替わり』
うーん、正直良くわからない。

豆腐屋、鮮魚店、米屋、洋服屋等が並ぶ昔ながらの商店街近くで暮らす人々。
リアリティがあるようで、いつの間にかどんどん人が入れ替わって行く。

昨日の夫が今日の夫じゃない。

喜びも悲しみも絶望も希望もない<穏やかで均された世界>って?
SFの様であり哲学書の様でもある。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)