わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

正体/染井 為人【レビュー】

★★★★

埼玉一家惨殺事件の犯人であり、平成最後の少年死刑囚・鏑木慶一が脱獄する所から物語は始まる。

名前と外見を変えながら、2020年、東京オリンピックの競技会場となる工事現場、長野県菅平公園にある旅館『山喜壮』、千葉県我孫子市の有料老人ホーム『アオバ』と潜伏・逃亡を繰り返す。

各章で語られるエピソードを読めば、鏑木の人となりが見えて来て、何か特別な事情がある事は理解出来、真実を知りたい一心でページを捲る手が止まらない。

最後の1頁では警察組織への怒りと人間の弱さ、鏑木慶一の心中を想像し、溢れ出る感情で涙腺が崩壊した。

※P464 14行 ×これついては ○これについては
※p472 10行 ×お見かけました ○お見かけしました




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)