わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

されど私の可愛い檸檬/舞城 王太郎【レビュー】

★★★★

「トロフィーワイフ」「ドナドナ不要論」「されど私の可愛い檸檬」3編収録。

前作の『恋』をテーマした林檎に続きこちらのテーマは『家族』

檸檬の様な爽やかなサマを想像していたらとんでもない不穏な作品集だった。

1話目、妹が姉に対してその本性をとことん抉り出す言動は善意なのか悪意なのか
姉妹といえどそこまで踏み込んで良いのか、夫婦であれ姉妹であれ真実なんて本人以外に解らないのに。
そして100%相手に理解して欲しいなんて不可能だ。

2話はひたすらキツイ。椋子と娘、どちらも哀しい。

3話で人生は不条理の連続だと知らしめられる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)