わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

痺れる/沼田 まほかる【レビュー】

★★★★★

沼田 まほかるさんの短編集です。

「林檎曼陀羅」「レイピスト」「ヤモリ」「沼毛虫」「テンガロンハット」「TAKO」「普通じゃない」「クモキリソウ」「エトワール」の9つの短編が収録されています。

最近の女性作家さん達が恋愛・日常的な作品に移行する中で久しぶりに背筋がぞわりぞわりとする様な作品に出会いました。

どの作品もとにかく怖い。

それも血が飛び交う様な怖さではなく心理的にぞくぞくする様な恐ろしさ。

怖いけれど結末が気になって読み始めたら止まらない。

こんな短編集を待っていました。
次回もすごく楽しみです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)