わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2/中山 七里【レビュー】

★★★

12ヶ月連続刊行企画第10弾。

「もの言えぬ証人」「像は忘れない」「鉄の柩」「葬儀を終えて」「復讐の女神」
5話収録の連作短編集。

元裁判官で80歳超えの高遠寺静と経済界の重鎮、70過ぎの香月玄太郎。
この老老コンビが協力して難事件を解決して行くストーリー。

各話毎にドラマがあるが、伏線がリンクし真実が導き出される過程が小気味良い。

事件の背後に隠された真相。
復讐の為に他人を嵌める輩に怒りを覚え犠牲となった者達へ悲しみが募る。

口は悪いが行動力のある玄太郎と、潔癖で正義を貫く静は最強ペアだけにラスト1行で寂しくなる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)