わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ガーディアン/薬丸 岳【レビュー】

★★★★

薬丸 岳さんの長編小説です。

ガーディアンとは保護者・後見人・守護するなどの意味を持ちます。

今回の舞台は中学校、一見落ち着いて平和に見える学校ですが、その裏には匿名生徒による自警団「ガーディアン」なる物が存在し、問題のある生徒らに「制裁」を行っています。

主人公はこの学校に赴任した秋葉悟朗(あきば ごろう)

正義の様に思えるガーディアンの行動には問題点もあり秋葉はその正体を探って行くといった学園ミステリーです。

本作品は学校物と言う事もあり、とにかく登場人物が多く読む進める上で非常に苦労しました。

苗字と名前の両方が出て来るので何度も前のページを見返す必要があり、又場面の切り替えやエピソードも多く頭の中がごちゃごちゃになってしまいました。
これから読まれる方は慎重に読み進める事をオススメします。

生徒と教師の学校を良くしたいと思う気持ちは十分に伝わって来ますが、やり方の難しさも痛感しました。
中盤以降は先が気になり一気読みでしたが、やはり登場人物が多過ぎた事で1人に強く共感する事が出来なかったのは少し残念でした。

卒業式の場面で感動したのもつかの間ラストの4行は衝撃的です。
余韻が残る作品です。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)