わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

いつか響く足音/柴田 よしき【レビュー】

★★★★

柴田よしきさんの短編集です。

【家族】をテーマにした6つの短編とエピローグで構成された連作集です。

借金まみれのキャバクラ嬢、猫の集会を探し求めるカメラマン、夫が死んだ日のことを忘れられない未亡人…etc

それぞれの人物の描写が巧みで自然に物語の中に入って行けました。

連作集ですが、短編としても楽しめ、奥が深い作品に仕上がっています。

1人1人の孤独・寂しさの中でも、何故かしらこの団地に暮らす人と人との繋がりで、どこかほっとする優しさ・安らぎを感じられて読後感も良かったです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)