わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

危険なビーナス/東野 圭吾【レビュー】

★★

東野圭吾さんの長編小説です。

主人公は獣医を営む伯郎(はくろう)
ある日、伯郎の元に弟、明人(あきと)の妻を名乗る楓(かえで)が現れます。
楓に惹かれ、失踪した明人の行方を共に探す事になった伯郎

弟の失踪事件のみならず、伯郎の母が再婚して嫁いだ先の矢神家の遺産相続問題、母の浴槽での謎の死、謎の絵画、サヴァン症候群など色々な要素がてんこもりで、東野さんならではの理系の難しい言葉も飛び交い、登場人物も多いので理解するのに結構苦労しました。

主人公の伯郎に全く魅力を感じず、共感出来る人物もいなかったせいか、正直面白いと思える作品ではなく、久々の新作に期待し過ぎていたせいか肩すかし感がありました。

終盤のオチには少しびっくりさせられましたが、読後の満足感は得られませんでした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)