わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

アカガミ/ 窪 美澄【レビュー】

★★★

窪美澄さんの長編小説

舞台は近未来2030年の東京です。

窪さんの著書は何冊か読んでいますが今回はSF風な要素もあり新鮮さを感じました。
毎回タイトルも凝っていますが今回の「アカガミ」も赤紙=軍の召集令状を想像し、興味を惹かれました。

少子化問題を軸に2000年以降に生まれた若者たちが描かれています。
草食化が進み恋愛、結婚もしない、自殺者が増え平均寿命が40歳と言う設定です。

主人公は無作為に選ばれたミツキとサツキのカップル
少しづつ2人の距離が近づき、愛し合いそして出産に至りますが…。

終盤からドラマ化された「わたしを離さないで」にリンクする様な錯覚に陥りました。

国が立ち上げた「アカガミ」と言う制度にはほぼリアリティーはなく、結末も少し拍子抜けした感じが残り残念でした。
テーマや内容自体は面白いのでもっと深く掘り下げて欲しかったです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)