わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

汚れた手をそこで拭かない/芦沢 央【レビュー】

★★★★

「ただ、運が悪かっただけ」「埋め合わせ」「忘却」「お蔵入り」「ミモザ」
5話収録の短編集。

それぞれが独立した短編だが、全ての物語からギシギシとした不協和音が鳴り響いて来る様だった。

自分のごく身近で起きた出来事、それに関わった者達の良心が試される。

責任を果たすべき、正直であるべきと思いながらも、心の隙間にふいに芽生える狡猾さ。
両者のせめぎ合う感情の振れ幅に自分自身も試されている様だ。

自分が汚した手(罪)は自身が身を持って完結すべきと諭される。

人間の心の奥底に潜む弱さにスポットを当てた切れ味鋭い心理ミステリー。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)