わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

夜がどれほど暗くても/中山 七里【レビュー】

★★★★

12ヶ月連続刊行企画第3弾。

2弾までは物足りなさを感じていたが、今回はストーリー展開も良くメッセージ性も感じられ面白かった。

主人公は、大手出版社の週刊誌の副編集長・志賀倫成。
順風満帆な日々を送っていた矢先、突然降りかかったのは殺人の容疑を掛けられた大学生の息子・健輔の死。

ショッキングな冒頭から、その先が気になり一気読み。

被害者遺族、加害者遺族に向けられる世間の容赦ない仕打ちがリアルに迫る。

両親を殺された奈々美と加害者の父・志賀の接触は非現実的ではあるが、終盤の展開は目が離せなく光が見えるラストに救われた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)