わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ライオンのおやつ/小川 糸【レビュー】

★★★

静謐さ漂う作品。

物語の舞台は瀬戸内のレモン島にあるホスピス『ライオンの家』

主人公は、若くして余命を告げられた海野雫。

ライオンの家の代表者・マドンナやスタッフ、ゲストと呼ばれる患者達、犬の六花(ロッカ)と触れあいながらその時を迎えるまでが描かれている。

ホスピスでは毎週日曜日に入居者がリクエストできる『おやつの時間』があり、おやつと共にその人の人生の一コマを垣間見る事が出来る。

生まれ方も死に方も自分では選べない。

それなら一日、一日をちゃんと生き切り、最後まで人生を味わい尽くしたいと思う雫に心を寄せながら読了。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)