わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

落日/湊 かなえ【レビュー】

★★★★★

全作品、読んでいる湊さんの作品の中でも上位に入る満足感を得る事が出来た。

並行して語られるいくつかのエピソード、終盤までは、どこに焦点を合わせれば良いのか、作者の言わんとする事が中々読み取れなかったが、残り40頁と言う所で全ての伏線が繋がり、そこからの展開には喜怒哀楽の全ての感情が揺れ動いた。

いじめ、虐待、強い承認欲求、人々が生きて行く上で、嫌でも目に入る行動や負の感情。

リアルな描写に登場人物が絶えず脳内映像で動いていた。

息苦しい時間が続いたが、再生を予感させるラストに救われた。

人間のあらゆる感情を描いた秀作。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)